ものづくりコンテスト2021

モノづくりアイディア・
デザインコンテスト2021

モノづくりアイディア・デザインコンテストは、
障がいがある方のユニークなアイディア、アート、デザインなどをプロが審査し、
作品を世に出していくためのコンテストです。
  • こんな絵を描いてみた!
  • 自分の絵を多くの人にみてほしい!
  • このデザインには自信あり!
  • こんなアイディアは役に立つはず!
と思っている方、あなたの作品をコンテストで表現し、チャレンジしてみましょう! 障がいがある方々にとっても、このコンテストを通してアイディアやデザインを考える喜びや、
想いが実現する可能性を感じていただけるようなコンテストになっています。

2020年の受賞作品

グランプリ

題名:『まんだら宙』 作:小幡海知生

まんだら宙
  • 準グランプリ

    題名:『日々の出来事』 作:森田里緒奈

    日々の出来事
  • グッドアーティスト賞

    題名:『ドビーとエミリー』 作:島本祥太亮

    ドビーとエミリー
  • ワンチーム賞

    題名:『風呂敷大小ねこいっぱい』 作:NPO法人ひこうせんCIL商品開発チーム

    風呂敷大小ねこいっぱい

審査員

  • 松本 徹

    松本 徹(まつもと とおる)

    広告代理店、大手外資系化粧品会社にてシニアディレクターとして主導。アップルコンピュータでのDTP導入、日本に於ける初の商用印刷を実現させる。マクドナルド専任ディレクターとしてマックカフェのブランディング開発に取り組み市場導入と現在に至る成長に貢献する。2019年から東京オリンピックパートナー企業によるTOKYO2020プロモーションに携かわる。
  • 佐々木 康裕

    佐々木 康裕(ささき やすひろ)

    26年に渡る(株)トゥモローランド在籍中、メンズ事業部創設、事業部長として営業、生産、販売促進、店舗運営の統括を指揮し、販売促進部長として会社全体の販促、イベントのプロデュースも行う。多くの海外訪問を通じ異文化に触れることで審美眼を磨き、さまざまな視点からのマーケティング分析にも厚い信頼を得ている。現在は今までの経験とネットワークをベースにブランド、ショップの企画立案から立ち上げ、運営までの幅広いコンサルティングを展開している。
  • 椿 邦司

    椿 邦司(つばき くにじ)

    ヨーロッパを中心とする世界各国訪問でインテリアデザインに触れる。帰国後本格的に建築デザインを学ぶ。日本の伝統とモダンデザインの融合から住宅から茶室までトータルにライフスタイルを提案する椿建築デザイン研究所を設立。現在も「伝統と革新」をテーマに日本の茶室空間・まちづくり・ものづくり・里山文化までインバウンドを意識した国際化の中で日本文化を世界に発信する活動に力をいれている。
  • 大石 明恵

    大石 明恵(おおいし あきえ)

    幼いころに事故により左手に障がいをもつ。「障がいがあっても何でもできるように・・」という母の厳しい愛情のお蔭で、明るくチャレンジ精神旺盛女な女性に成長。自身の経験から障がい者が希望をもって生きられる社会の実現を目指し一般社団法人むすびを設立。 また、感性溢れる斬新なでデザインが人気を集める帽子デザイナーとしても活躍中。

賞について

  • グランプリ

    1点:賞金5万円を贈呈いたします。
  • 優秀賞

    1点:賞金3万円を贈呈いたします。
  • アイディア賞

    1点:賞金2万円を贈呈いたします。

※応募された方全員に記念品として作品集をお贈りします。

※全応募作品の中から商品化のチャンスもあります!

コンテスト詳細

募集期間
令和3年4月1日から6月末日まで。※郵送の場合は当日消印有効
対象
障がいをもつ個人または障がい者の支援団体(担当者明記)
参加費
無料
応募方法
下記よりエントリーの登録をしてください。 エントリー後、追って応募用紙を郵送またはデータでお送りします。 ※応募作品はお一人3点までとさせていただきます。 ※選考には、面接またはSkypeなどのオンラインによるプレゼンテーションの最終審査があります。
応募の流れ
  • STEP1下記フォームからエントリー
  • STEP2応募用紙を送付
  • STEP3必要事項を記入
  • STEP4電子メールorFAXにて郵送
発表
令和3年10月初旬

たくさんの応募を楽しみにしております!